昭和大学脳機能解析・デジタルメディシン研究所 編集 ソースクセス↓

昭和大学脳機能解析・デジタルメディシン研究所 編集 ソース 監督↓ プロジェクト↓ チーム↓ アクセス↓ (運が良ければ、今月中に佐藤先生との面談ができればと思っています!)
BFADM 脳の機能障害は、脳に明らかな器質的変化がない場合でも発生する可能性があるため、適切な診断や治療が行われないケースが多くあります。 てんかんはその典型的な例です。 私たちは特別な脳波解析技術を開発し、脳波データからてんかん病変の位置を正確に特定できることを示しました。 軽度の認知症やうつ病などの治療に応用する研究も始まっている。 これらの成果は脳波情報のデジタル化の成果です。 現在、さまざまな医療情報がデジタル化され、適切なDxやAIの活用により新たな発見や発明が生まれる可能性が高まっています。 最近では、AIを活用することで人間の脳生理学に基づいた3D画像を2D画像からリアルタイムに出力できることが示されました。 このような技術開発は、3D読影が必要な医学教育に役立つと考えられます。 遠隔ロボット手術や薬物の3次元構造のリアルタイム解析技術への応用も期待される。 同研究所は「革新的で臨床志向の脳機能分析とデジタル医学研究」を開発する。 監督 写真2 脳機能解析・デジタルメディシン研究所 所長 佐藤 洋介、MD、PhD 2023年4月に脳機能解析・デジタルメディシン研究所が開設され、私が初代所長に就任することになりました。 同研究所は、学科や学部の境界を越え、基礎医学、臨床医学、産業界の連携を伴う革新的で臨床志向のプロジェクトを開発する予定です。 私は脳神経外科医、てんかん外科医として、脳波データを活用して脳機能やてんかん病変を正確に可視化できれば、日常の臨床現場で痛感していました。 私は自身の臨床経験を活かし、特殊な脳波解析技術を用いて「脳の状態」を評価し、脳機能やてんかん病変の可視化に挑戦し続けています。 さらに、この技術を応用することで、さまざまな脳や精神状態を評価できる可能性が示されています。 近年、脳波データなど多くの医療情報がデジタル化・蓄積され、AIをうまく活用して新たな発見や技術開発が可能になっています。 医療データサイエンスを人に優しい形で展開するには、適切なリテラシーとスキルを身につけることが非常に重要だと考えています。 私は現役の脳外科医として、また医療・ヘルスケアに携わる者として、現場のニーズを直接把握しながら、臨床に役立つ研究・技術開発を推進していきたいと考えています。 プロジェクト 研究
■昭和大学医学部脳神経外科と連携し、脳神経外科で採取した脳組織を詳細に検査し、特殊な脳波解析結果と病変検査の結果を比較検討します。 従来の手法では評価できなかった機能領域や機能不全領域、病変を可視化する技術を開発し、安全性・信頼性の高い脳神経外科手術の実践につなげます。
■脳外科のみならず、神経内科、精神科など脳機能障害の治療に関わる全ての科・施設と連携し、特殊な脳波解析を用いた認知症やうつ病などの精神神経疾患の診断・病態評価に関する研究を推進します。
■特殊な脳波解析を応用して人間の感覚・感情情報を可視化する技術の研究開発に取り組みます。 例えば、痛みの感覚が可視化されれば、痛みに苦しむ患者さんの診断や治療が可能になります。 また、言語や運動によるコミュニケーションができない患者の脳と機械を接続するブレインマシンインターフェースの開発に関する研究を行っていきます。 医療・ヘルスケアに関わる様々な産業界との共同研究を行っていきます。
■AIを活用したリアルタイム立体画像変換によるメガネレス3Dディスプレイ医学教育・医療システムの確立を目指します。 医学部、薬学部、歯学部の学生や医師を対象とした医学教育において、解剖学など立体的な解釈が必要な内容のアクティブラーニングを促進し、学習曲線を短縮します。 臨床現場においては、立体的な読影が必要な病変の診断や理解を容易にし、手術の技術向上や安全性の向上に貢献します。 これは次のような発展につながります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *